One of my favorite pieces in my store right now is this set of three small flower vases in the shape of circle, triangle, and square.

Each of these vases is small enough to fit in a child's hand, and they are cute on their stand-alone pieces, but I insist on selling them as a set instead of selling them separately. The reason for this is that there is a great meaning to having circles, triangles, and squares in a line.

The reason for this is based on the teachings of Zen, which also fascinated the famous Steve Jobs. In Zen, the shapes of circles, triangles, and squares are iconography, showing "The secret of nirvana".

まる、さんかく、しかく, 禅僧, 仙厓

(Source: ○△□|Introduction to the Idemitsu Collection|Idemitsu Museum of Art, http://idemitsu-museum.or.jp/collection/sengai/sengai/03.php ,retrieved on April 2, 2021)

This above picture was drawn by Sengai Gibon (1750 -1837), a Zen monk in the Edo period.

According to him, a square is a "framework," that is, a situation of a person trapped in "common sense", and a triangle represents the figure of a person in "Zen meditation". And the circle means "empty," or " infinite," a symbol for the state of mind that has achieved "nirvana".

And, both "square" and "triangle" have the potential to become "circle" someday. Such a teaching of the Zen monk is contained in these lined up symbols.

This iconography has been followed by artists and architects of Japanese descent, including Isamu Noguchi, and the spirit of the Sado, and can be seen from time to time in various works and tea ceremonies that are inspired by Zen philosophy.

So, those my flower vases are not just a “Kawaii" shape. If you display them on your shelf or on the windowsill, you may become aware of the space of Zen... maybe.

Well, thats all for today. See you next time!

【まる・さんかく・しかく のはなし】

いま私のショップの中でも特にお気に入りの作品があります。この「まる・さんかく・しかく」の形をした小さな一輪挿しの3点セットです。

それぞれが子供の手に収まるほどに小さな一輪挿しは、単体でも可愛いのですが、バラ売りではなくこれらは必ずセットで扱うと決めています。なぜかといえば、丸・三角・四角が並ぶことには大きな意味があるから。

その由来は、かの有名なスティーブ・ジョブズも魅せられた「禅」の教えに基づいています。禅において、丸・三角・四角の図形は「悟りの極意」を示す、いわばイコノグラフィーなのです。

circle, triangle, square, Sengai Gibon

(出典:○△□|収蔵品の紹介「出光コレクション」|出光美術館,  http://idemitsu-museum.or.jp/collection/sengai/sengai/03.php ,2021年4月2日検索)

上の図は、江戸時代の禅僧である仙厓義梵(せんがい ぎぼん: 1750年 -1837年)が描いたもの。

曰く、四角は「枠組み」、つまりは常識に囚われた状態であり、三角は座禅を組んだ人の姿を表しているといいます。そして丸は「空」であり、つまり「無限」を意味し、悟りを得た心の状態を表す記号です。

そして、「四角」も「三角」も、いずれは「丸」になることができる可能性を秘めている。そのような禅僧の教えが、この並んだ記号に込められているのです。

この図像は、イサム・ノグチをはじめとして、日系のアーティストや建築家、そして茶道の精神にも受け継がれ、時たまに禅の思想を取り入れた色々な作品や茶会などにおいて見ることができるでしょう。

私の一輪挿しも、この図像からヒントを得て作ったものです。実は、ただ可愛いからというだけではなかったのでした。きっと棚や窓辺に飾ってみれば、「禅」の境地を意識できる…かもしれません。

それでは、また次回。